×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



魔法 リンク集

魔法(まほう)とは、現実には不可能な手法や結果を実現する力のことである。この語彙を用いるのは主に欧州系のそれに対してであるが、英語ではMagic(魔術、魔法、呪術、手品)、Sorcery(妖術、魔法、魔道)、Wizardry(魔法、妙技)、Witchcraft(魔女術)、など複数の言葉と微妙に異なった概念をもつため、該当語のない日本語訳については、訳語が訳者により異なり混乱している。

科学 一部の人の存在は、 "魔法"は、エネルギー法の任意の制御の一形態だと思われており。現在では、科学的、まだメソッドの存在が確認されていない。 魔法 日本では「魔法」という言葉は、それらの神秘的で超常的な力または行為の中でも、特に西洋由来のものを指す言葉としてよく使われる。これは元々魔法という語が明治以降に外国語の訳語として作られた新しい言葉であることが大きい。 魔法という語には非常な魅力があり、魔法瓶やマジックインキ、マジックテープといった商品名に使われることもある。 また日本では「魔法」といえば、メルヘンやおとぎ話、あるいは子供向けを主とした「他愛のない不思議な力や方法」を指すときの言葉としてよく使い、たとえフィクションであったとしても難しい理屈や深遠な原理が背景に存在するとされるものについては「魔術」などと呼ぶことが多い。 そう言った「魔法」のイメージは、アンデルセンやグリム兄弟の童話などが日本に輸入された際に与えられた「魔法使い」たちの印象が根底にあると考えてよい。 Magic 西洋では Magic の語は元来、ユダヤ教等で現れる【3人の賢者】の"Magi(元来の意味は『賢い、賢しい』、或いはそれの名詞形である『賢い者、賢しい者』):複数形"より由来するとされる。一般的には現実の魔術の意味と同時に手品、奇術の意味でも用いられていた。さらに、ディズニーを初めとする近代以降の作品のエンターテインメント性が与えた影響により、伝統的な魔術と関係のない「魔法」や「魔法使い」たちの印象が重複し、定着した。但し、世間一般で云う印象で云うと、"魔女狩り"の悪影響があり、『魔法』は『悪い』イメージが東洋よりずっと強い。尚、"Mag-"の語幹を持つ単語はそれだけで『大きな』や『偉大な』或いは『不可思議な』と云った意味を含むものが多い。

定義からわかるとおり、その意味するところが厳密ではないこと。また各々の意味合いの違いを表現するために、類義語が非常に多い。基本的に、「法」「道」「術」は能力と方法論を同時に表し、「力」は能力のみを指す。 以下に代表的な類義語それぞれの意味合いの違いを示すが、特に使い分けられていない時には大きな違いがない場合も少なくない。 魔法 [編集] 西洋由来の「神秘的な力とその方法論」であるMagicの訳語として、仏の法である仏法に対し、仏ならぬ魔の法である「魔法」としたもの。後に魔術という語ができたため、総合的な訳語としての地位は取って代わられた。 今日では、明治以降に紹介された外国のメルヘンやファンタジーに「善い魔法使い」「悪い魔法使い」が両方登場することにより、「手品ではない」不思議の力に正邪の前提を含まず用いられる。 魔道 [編集] 「魔法」と同様に、神の道である神道に対し、魔の道である「魔道」としたもの。 本来は能力や現象を指す言葉ではなく、生き方、考え方を指す。意味合いとしては茶道・剣道などと同じ位置づけである。「冥府魔道に落ちる」などと使われるため、邪悪な死者の力の印象を強く残している。しかし実際には「魔法」と同じ概念で使われることが多い。 魔導 [編集] 魔道が「生き方」なのに対して、魔導は教えを説く「人間」を指す。 魔術 [編集] 手品師の興行にあたっては、「魔法」や「魔道」では宗教的な意味合いを持つので不適切であった。そのため、それらから独立した表現として「魔術」という語が好んで用いられるようになった。この場合、手品師は魔術師と呼ばれることになる。 そのため、原語であるmagicに最も近いのが魔術である。魔法、魔道と同じ概念を示すと同時に、「神秘的な力」ではない「手品」をも示す。 奇術 [編集] 主に「奇術師」として用いられる場合が多く、明確に手品であるという意味合いを持つ。 仙術 [編集] 明確に道教の影響下にある語で、仙道が修行により習得した「手品ではない」超常の力とその体系。妖怪の妖術が狭義には半ば先天的な妖力に基づく能力・方法論であるのに対し、道士を経た人間であった仙人・妖怪仙人の区別なく、後天的に習得するものを仙術とする。 妖術 [編集] 明確に手品ではないという意味合いを持つ。「魔法」以前には「神秘的な力」を示す最も汎用的な語であった。 「魔法」以前から使われていたことから、フィクション等の作品では東洋風の雰囲気を持たせたい場合に用いられることがある。 また妖術の語源が「妖怪が人間を惑わすために用いる神秘的な力(=妖力)を用いる術」であることから、妖術を用いる者は人に在らざる者もしくは人外の類に組する者として邪悪であるという意味合いを持つ場合がある。妖怪を始め妖気、妖言、妖雲、妖星、妖艶、妖姫、妖婦、妖狐、妖魔等々「妖」が付く言葉の多くが悪い意味を持つことから邪悪であるという印象を持たせるというのも一因であろう。 しかし「神秘的な力」を示す最も汎用的な語としての地位を「魔法」や「魔術」に取って代わられた現在ではともかく、それ以前の古典や文学作品においては、長い歴史を経るうちに悪い意味を失って汎用的な語として使われていたことに注意するべきである。でなければ作品自体の意味が通じない場合すらある。 幻術 [編集] 忍術(視覚トリックと体術と秘伝の科学知識による体系)と並んで時代小説などに登場する不思議の術だが、最終的には光学や催眠術や薬物を用いたトリックが種明かしされることが多い。いずれも最後まで超常的な力として描写されることはない。 方術 [編集] 陰陽道における「仙術」相当の用語。 呪術 [編集] 神秘的な力全般を「呪い(まじない)」といい、その中でも特に他人に害を与える神秘的な力を「呪い(のろい)」という。そしてそれらを行使する「術」が「呪術」であり、行使する者を「呪術師」と呼ぶ。明確に手品ではないという意味合いを持つ。 妖術が妖怪の存在を前提としていることから、現代においては「妖術」が不適切であるために呪術が用いられる場合がある。例として、神秘的な力を用いて治療する医師を「呪術医」と呼ぶことなどが挙げられる。しかし一般に呪術といえば他人に害を与える「呪い(のろい)」の術であり、邪悪な印象が強い。 死霊術 [編集] 本来は死者の霊を介して占いを行う事を指していたが、近年では死体をゾンビやスケルトンとして操る術としてのイメージが定着している。 法力・神通力 [編集] 仏教乃至修験道の影響下にある語で、修行により習得した「手品ではない」「宗教的な」超常の力。力を発現させる方法論より能力そのものを指す意味で、上記例とは概念が異なる。 超能力 [編集] 明確に手品ではないという意味合いを持つと同時に科学と共存可能な「神秘的な力」であるという意味合いを持つ。このため、神や悪魔、精霊、妖精、幽霊等々の非科学的なものが一切関与していないという特徴がある。 先天的素質に基づく能力であり、方法論ではない。詳細に関しては超能力を参照のこと。 Magic [編集] マギ(MAGI)が神秘的な知識(占星術)を用いて予言することから、神秘的に見える行為を行うことを「マギのような」と表現することになったもの。歴史的には手品であったという。現在では最も汎用的な語として使われている。 Wizardry [編集] 経験を積んだ年長者は、時に若輩者には神秘的としか思えない行為をしてみせることがある。翌日の天気を言い当てたり、甘いスイカを選り分けたり。 そうした年長者は賢い(wise)者という意味で wizard と呼ばれ、その行為は wizardryと称えられた。そのため、昔話に登場する魔法使いには老人が多い。 彼らは元々人間で、経験を積み知識を蓄えた賢い者達である。当然人間の味方であるという意味合いを持つが、老人らしい気難しさも併せ持つ場合もある。 Witchcraft [編集] 詳細は「ウィッチクラフト」を参照 悪魔と契約した者(Witch/魔女)が、契約した悪魔から契約に基づいて力を借りることで用いる「神秘的な力」を示す。明確に邪悪な意味合いを持つ。魔女の力は強大なものから弱い呪いや薬物作成の類までまちまちである。 Sorcery [編集] 手品ではない「神秘的な力」を示す。その意味では「妖術」が最も近いが、Sorceryは基本的に善悪の意味合いを持たない。そのため、単に手品ではないことを強調する時にも用いられる。 しかし、Wizardryを使うWizardが「人間の味方」である意味合いを持つことから、わざわざSorceryを使うSorcererと表現された場合にはあまり良い意味を持たない場合が多い。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 魔法 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4